友人に5万円のお金を借りる際に念書は書くべき?

金の切れ目が縁の切れ目とも言われるほど、お金のトラブルは人間関係にも影響します。借りたほうと貸したほうの言い分が食い違ってしまうこともないわけではありません。5万円なら少額だし、念書はいらないと思ってしまう人もいるでしょうけれども、貸したほうはいつまでも気にしてしまうでしょう。だから、いくらであってもお金を借りる時は、念書を書いておいたほうが良いでしょう。

念書は、簡単な書き方でも構いません。お金を借りる時に、いくら借りるのか、誰から借りるのかをきちんと書いておくことで、未然に金銭トラブルを防げます。必要最低限のことを書くだけで十分です。今回の場合は、5万円を誰から借りたのかを書いて、自分の名前も書いてください。また、日付も書いておきましょう。話し合って決めた返済日も書いておいたほうが良いでしょう。

お金借りる時は、いつまでに返済するのかまで決めておいたほうが良いです。いくら5万円とは言え、返済日までに返済ができなかった場合はどうするのかまで話し合って決めておいてください。利息を付けるのかどうか、どれくらい利息を付けるのかも話し合ってください。

返済を分割にするのかどうかも考えましょう。軽い気持ちでお金を借りるのは良いことではありません。友人とは言え5万円もの大金を借りるのだと思ってください。特に、貸したほうは返済されるまで不安もあるでしょう。お金は誰にとっても大事なものですから、念書を書いてトラブルに発展しないようにしてください。

Back to Top